白髪を抜きたくなる気持ちはわかりますが、頭皮を傷つけてしまうので、今すぐやめましょう。

白髪は抜くと増えるって本当?

誰もが一度は聞いたことのある有名な迷信ではないでしょうか?
一部では都市伝説的な扱いで嘘だと思っている方もいますが、医学的に見ても髪の毛を自らの意思で抜くのは良いことではありません。
そして、実際に白髪を抜いたことが原因で新たな白髪を発生させる要因になることもあります。

 

 

白髪を抜くことで起こる弊害

白髪がないかチェックする女性

白髪といえども、実際に生えている毛を抜くと、毛根や頭皮が傷ついてしまいます。
白髪の原因はメラニン色素の酸化によるものですが、一度白髪になった毛根は再び白髪になって生えてくる可能性が高いです。
また、一つの毛根からは複数の髪の毛が生えることもあり、白髪だけを抜くつもりが黒い髪の毛も一緒に抜いてしまうリスクもあります。
強引に抜くと、再び生えてくるのは細い毛になるため、再び白髪の発生するリスクが高く、薄毛の原因にもなります。
さらに、毛根や頭皮が傷ついたことで髪の毛に必要な栄養が損傷部位の再生に使われてしまい、結果的に髪の毛全体の栄養不足になって新しい白髪の発生原因にもなります。
1本だけ白髪を見つけた場合、つい抜いてしまいたくなりますが、絶対にやってはいけない行為です。

 

 

白髪を抜く行為は現実逃避

白髪の原因はメラニンの酸化過酸化水素の蓄積です。
この2大要因の対策をしっかり取れば、白髪を抜いた後に黒い髪の毛が生えてくるケースもあります。
しかし、髪の毛を強引に抜くと毛根と頭皮が傷つくので、抜かないで対策を取るよりも悪影響が出ます。

 

白髪を抜いて対処する人の多くは、目に付く白髪を抜くことで安心してしまいます。
しかし1本でも白髪が生えたということは、老化やストレスなど何かしらの理由で白髪の発生しやすい状況になっている証拠です。
白髪を抜いて、そのほかの対策を何も取らなければ白髪は時間とともに増えてしまいます。

 

 

正しい対処法

すでに色の抜けた髪の毛は、正しい対策を取ったとしても黒くなりません。
正確には一度生えた白髪でも対策を取ると黒くなりますが、根元は黒くて毛先は白い2トーンカラーになります。
仮に白髪対策を実践できたとしても効果を実感できるのは、髪の毛が自然に生え変わった頃、もしくは髪の毛を切ったタイミングです。
オススメ出来る方法ではありませんが、1本だけどうしても気になる白髪を見つけた場合は、抜くのであれば毛根を残して切り落としてしまった方がよいです。
その後に対策を取って白髪の原因を改善できれば黒い髪の毛が生えてくるので、再度毛先の白い部分だけ切れば頭皮を傷つけずに対処できます。
1本ではなくて、特定の部位に白髪が複数本発生した場合は、部分的にヘアカラーすることもオススメです。
しかし、白髪は一度生えると、対策をとっても効果が現れるとは限りません。自分で確認できる白髪は数本でも、実は多くの白髪が発生している可能性もあります。

 

一度カラーリングで白髪を目立たなく染めてから、食生活をはじめ生活習慣の見直しをして白髪の予防と対策に取り組むとよいでしょう。