白髪になる要因は様々ですが、あなたにあった予防と対策法があります。

染めるタイミング

染めるタイミンは白髪が気になってからなるべく早い方が良いです。
自分では少し気になる程度でも周囲からは白髪が目立って見た目年齢に大きな影響を与えているかもしれません。
白髪は対策で治せることもありますが、即効性は期待できません。
少量の白髪でも、発見したらすぐに染めることが理想です。

 

すでに白髪染めを繰り返している人の場合は染め直す周期に悩んでいる方も多いでしょう。
使うカラーリング剤や髪の毛や頭皮の体質、前回カラーリングしたときのダメージ状況にもよりますが、最低でも3週間~1ヶ月前後の期間を開けることが理想です
しかし、髪の毛の長さや髪型によっては2週間くらいすると白髪が目立ってきてしまい、月2回ほどのペースで染めている方も多数います。

 

 

染めるタイミングを決める3つのポイント

 

新しく生えてくる白髪
頭皮や毛根のダメージ
前回白髪染めした顔料の落ち具合

 

全てのポイントを意識して、染め直しのポイントを決めるのが理想です。
カラーリングをしても新しく生えてくる毛(根元)は再び白い毛が生えてきます。
白髪染めのサイクルが短すぎると頭皮と毛根のダメージも蓄積されるほか、前回の染料が残っていると新しい染料の浸透が弱まるデメリットもあります。
つまり、髪の毛の生えるスピードと髪型、カラーリング剤の持続力と、染めたときのダメージによって適切なヘアカラーサイクルは異なります。

 

髪の毛の生えるスピード

個人差もありますが平均は1日に0.3~0.4mm、1ヶ月で1cmのペースで新しい髪の毛が生えてきます。
長髪で分け目を作らない髪型であればツムジ周辺を除いて新しく生えてきた白髪は1ヶ月経過しても目立ちません。
短髪や分け目を作る髪型だと2週間で0.5mmほど新しい白髪が生えてくると肉眼でも目立つくらいになります。
ダメージや染料の落ち方に対して、新しく生えた白髪によってサイクルを早くする懸念があれば、髪の根元が目立ちにくい髪型に変える方法も検討しましょう。

 

 

白髪染めを長持ちさせるように心がける

”白髪染めを長持ちさせるためにサロンでカラーリングする女性

白髪染めは頭皮や毛根にダメージがあるので、なるべく長いサイクルにするべきです。
持続性は髪の毛の太さや質感、使用するカラーリング剤や染める方法、日頃のケアで変わります。
また、目立たないように染めるサイクルを早めすぎると、前回の染料の影響で浸透しにくくなります。
サロンでカラーリングすれば、付いている染料の量に応じて脱色の強弱を調整して対処できますが、ホームカラーの場合は同じように染めても持続性に大きな差が出ます。

 

染めるサイクルを遅くしたい場合は、白髪染め用のシャンプーやトリートメントを使ったり、カラーリング剤や染める方法を見直しましょう。
白髪染め用のホームカラーの種類を知っていくことも重要です。

 

染めるサイクルを遅くできれば1ヶ月~2ヶ月に1回のペースに落とすこともできるので、ホームカラーにこだわらずサロンカラーを再検討する余地も出てきます。