今はまだ若い人も、今から白髪の対策をすることが大切です。

いつから白髪は増える?

白髪は老化のサインとして捉えられる傾向が強いです。
白髪の原因は当サイトで紹介しているとおり、様々な要因がありますが、若白髪が多いと実年齢以上に見られます。
逆にたとえカラーリングであっても髪の毛が黒くて健康的なハリとツヤがあると見た目年齢を若く見られるメリットがあります。
白髪の増え始める時期は人それぞれですが、全体の平均値を知っておくとケアのモチベーション向上にもつながります。

 

白髪が気になり始めるのは35歳前後

男女の違いで見ると、出産によるホルモンバランスの乱れによる影響で若白髪が発生するケースが多い分、女性の方が平均年齢は1歳ほど早いデータも出ています。
男女別で見ても大きな差はなくおおよそ35歳が白髪が出始める目安と見ておきましょう。
40歳を過ぎても、ケアをしていない中で白髪ができないのであれば、メラニンの量が多くて白髪が出来にくい体質の可能性があります。
30代から白髪が気になり始めたのは老化のサインでもあり、ヘアカラーを行うなど定期的に行わないと見た目年齢が一気に老けてしまうので注意しましょう。

 

老化による酸化は一気に進行する

白髪の原因はメラニンの酸化と過酸化水素です。
若い頃は、ストレスや栄養不足など多少の要因があっても白髪に発展しなかったり、できても数本の単発的な症状で終わることが多いです。
しかし、そこに老化による栄養不足の原因が加わった場合、白髪が出始めてから対策を取らないと一気に増えてしまうケースが頻繁にあります。

 

老化により一気に増える白髪

白髪の発症が30代くらいで老化の影響を考えられる時期の場合、白髪を1~2本見つけても現実を受け入れないで、鏡で見えるところだけ抜いて済ましてしまう方もいます。
しかし、老化には逆らえず現実逃避する人は周囲から白髪の事を突っ込まれて現実に戻されてしまいます。
老化による白髪リスクがある年齢で1本でも白髪を発見したら、抜いて終わらせる対処はせずになるべく早めにヘアカラーで対策を取ることをオススメします。

>>白髪は抜くと本当に増えるの?

 

30代以上で白髪のない人でも安心しない

 

30代以上でも白髪の出ていない人はメラニンの量が人よりも多いなど、白髪のできにくい体質かもしれません。
しかし、白髪のリスクは誰でも年齢とともに増加していきます。
歳を取れば取るほど、老化とその他の要因が重なって一気に髪の毛が真っ白になってしまうケースもあります。
よくある事例では、転勤や部署異動、役職など仕事の環境が変わってストレスが増えたり、妊娠や出産でホルモンバランスが乱れて白髪に悩むようになります。
白髪にならずに歳を取っていきたいのであれば、白髪が出なくてもサプリメントを飲むなど予防策を講じておくとよいでしょう。