自分は白髪になりやすいのかを知って、できる対策をしましょう。

白髪にならない人との違い

白髪の原因はたくさんありますが、大きく分類すると、遺伝による影響と、ストレスやホルモンバランスの乱れなど後天的な影響です。
歳を取っても白髪が生えてこない人のほとんどは遺伝による影響が高いと考えられています。

 

親や兄弟、親戚を見てみる

遺伝によって白髪の発生率が変わる仕組みはメラニンの量です。
メラニンは髪の毛に色を付ける成分で、肌のシミの原因になることでも有名です。
元々、メラニンの多い人は代謝も良くてメラニンの循環サイクルも早いため、見た目年齢が若々しいケースが多いです。

 

自分の家族にメラニンの量が多いのか考えると難しい問題に感じてしまいます。

単純に親など身近な親族に白髪が生えていなければ、メラニン量の多い家系で、白髪の人が多ければ白髪になりやすい体質の可能性が高いと思っておきましょう。

メラニンの量は遺伝によって変わることが証明されているので、白髪の原因には遺伝が大きく影響しています。

 

 

実はカラーリングしているだけの人も

白髪が生えていることは周囲に隠そうとするケースも多く、カラーリングをすればほぼ完璧に白髪を隠せます。
白髪は一切なくて健康的な髪の毛に見えている人も、自毛は白髪混じりでカラーリングでごまかしているだけかもしれません
特に女性や若白髪で悩む男性は、周囲に内緒で白髪染めをしている方が多いです。
一部ではカラーリングをせずに70代以上でも白髪がほとんど生えてこない人もいますが、人間の95%以上は40代半ばには相応量の白髪が生えると言われています。

白髪は予防することだけではなく、周囲に白髪の存在を知られないようなカラーリングによるケアをすることも大切です。

 

 

 

後天的な影響

白髪の話題でよく出る事例を紹介します。

・妊娠、出産を機に一気に白髪が増えた
・転勤、部署移動、昇格など仕事の環境変化で短期的に一気に白髪が増えた
・離婚して生活環境が変わったことで白髪が増えた

環境の変化で白髪が増えて悩む女性

あくまでも一例ですが、ホルモンバランスの乱れや、環境の変化でストレスや食生活に変化があると短期的に白髪が一気に増えるケースもあります。
特に仕事関連で短期的に白髪が増えると、周囲から苦労していると話題にされやすいです。
白髪を予防したいのであれば、ホルモンバランスの乱れやストレスはなく、健康的な生活習慣を維持することが理想です。
しかし、白髪予防のために、仕事や人生の選択肢を狭めることは合理的ではありません。

 

白髪の発生しやすい状況も受け入れて、サプリメントやストレス解消法を見つけて予防したり、白髪が生えたら早いタイミングでカラーリングすることが大切です。