白髪になる要因は様々ですが、あなたにあった予防と対策法があります。

白髪になる原因とは

白髪の原因は、遺伝老化ストレスなど様々な要因があります。
簡単にまとめると、
白髪は遺伝で出来やすい体質の人と、後天的な影響で白髪になってしまっている方がいます。
白髪の原因の一つは老化による影響もあり、白髪が多いと老けて見られたり、苦労しているなど周囲からネガティブな印象を持たれます。
詳しい原因を解明されたのはここ最近の出来事で、原因をしっかり理解しておけば予防や対策も可能です。

 

白髪の原因はメラニンの酸化

髪の毛は元々黒いと思われがちですが、全ての髪の毛は白い状態で生えてきます。
その後、メラニン色素の影響で髪の毛に色が付きます。
髪が酸化すると、髪の色素をつくるメランサイトが破壊されて白髪になる仕組みです。
メラニンの量や色素は体質によって異なります。たとえば日本人は基本的に黒髪ですが、体質によっては染めていないのに茶色っぽい髪の毛の人もいます。
海外で見れば、欧米人に金髪の人がいるのもメラニン色素の問題で、どのような人種でも白髪は存在しています。

 

メラニンの酸化にも様々な種類がありますが、過酸化水素の蓄積による影響が大きいことも近年医学的に解明されました。
つまり、メラニンの酸化を抑えるとともに、過酸化水素の蓄積をさせないように、酵素などの分解成分を補給することも効果的です。

 

>>いつから白髪は増える?

 

10個の原因

メラニンは以下の原因で酸化します。

 

メラニン酸化の原因となりうるインスタント食品

  • 遺伝
  • 加齢
  • ストレス
  • 生活習慣
  • 食生活
  • 貧血や妊娠などでの栄養不足
  • 病気
  • 毛染めやパーマ
  • 歯のホワイトニング剤
  • 紫外線

 

白髪に大きな影響を与えるのは遺伝です。
人は誰でも加齢によって体内の栄養量は低下していきます。
しかし、人それぞれメラニンの多い体質の人と少ない人がいます。
メラニン量の多い人は、歳を取っても白髪はできませんし、メラニンの少ない人は10代の頃から白髪が発生します。

 

生活習慣や食生活、貧血、妊娠などの栄養不足など体内の問題による影響ではメラニン不足よりも、過酸化水素の分解成分の不足の影響が大きいです。
歯のホワイトニング剤や毛染め、パーマも白髪の原因になるのは、過酸化水素を多量含まれていて、使用すると体内に吸収されてしまうからです。
紫外線は直接髪の毛のメラニンを破壊することで白髪の発生原因になります。

 

つまり、白髪の予防と対策には以下の3つのポイントがあります。

 

  • 過酸化水素の摂取を控える
  • 過酸化水素を分解する酵素、ビタミンC、白金ナノコロイドなどの栄養補給をしっかり取る
  • 紫外線対策などメラニンを直接破壊しないように心がける

過酸化水素は食品添加物に多く含まれています。
レトルト食品を食べる機会が多い方は特に注意しましょう。

 

白髪はサプリメントで予防・対策を取れる時代

 

白髪の原因はメラニンの酸化と過酸化水素の蓄積の2大要因があることを科学的に解明されて、近年は白髪対策用のサプリメントが多数登場してます。
栄養補給のみで相応の効果を期待できるため、白髪を少なくしたい方や進行を遅らせたい方にオススメです。
特に元々メラニン量が多くて若い頃には白髪ができなかったけど、老化によって少しずつ白髪が増えてきた方は、サプリメントによる対策が効果的です。
メラニン量が少なく白髪のできやすい体質の方はサプリメントで相応の効果を実感できる場合もありますが、完全に白髪をなくすのは困難です。

 

 

 

カラーリングによる対策は今でも有効

白髪の原因を解明されて、新しい対策法が普及しているとはいえ、効果のある人は限られていますし、即効性はありません。
やはり、一番手軽で確実な対策は白髪染めによるカラーリングです。

今でも白髪に効果的なカラーリング

メラニンの酸化によって白髪が出来てしまう人は髪の毛の栄養が全体的に不足して、ハリやツヤを失っているケースも多いです。
カラーリングは正しく行えばトリートメント効果によって、白髪染をする前よりも髪質が良くなるメリットもあります。
定期的に染め直す必要はありますが、白髪染めは正しい方法で行えば髪の毛に取って良い効果を与えられることも覚えておきましょう。

逆にホームカラーリングで間違った方法を取ると、髪の毛を痛めてメラニンの酸化を進めてしまい白髪が増える量を早めることになります。